FC2ブログ

カケス

森の中で探していた子には逢えませんでしたが、カケスの群れに遭遇しました。ただ、その動きは逆光の中で良く見えませんでした。一時、眩しさが軽減されたのを逃さず、証拠写真を撮ることができました。カケスの目はいつ見ても賢そうと感じるのは私だけでしょうか。

和名:カケス、学名:Garrulus glandarius、スズメ目 カラス科、約33cm

20201121_カケス
スポンサーサイト



クビワキンクロ(♀)

知人に教えて頂いたクビワキンクロに逢ってきました。個人的には2年ぶり3回目の対面です。3回ともすべてメスですが、オスにも逢ってみたいです。名前の元となった「クビワ」を撮りたいと思っていましたが、今回も叶いませんでした。メスは目立たないとも聞いていますが、実際にはどうなのでしょうか。

和名:クビワキンクロ、学名:Aythya collaris、カモ目 カモ科、約40cm 翼開長♂19.5-20.6cm ♀18.5-19.5cm

20201121_クビワキンクロ♀

アオバト

今朝は市内でもいつもとは違うポイントに出かけました。最寄駅から歩いていると、街路樹のイチョウの葉の陰に怪しい影を見つけました。怪しいと言っても鳥さんらしいのですが。

和名:アオバト、学名:Treron sieboldii、ハト目 ハト科、約33cm

20201121_アオバト

茂みの中に完全に隠れたかと思ったら、ゴソゴソと態勢を変えていました。すると姿を現したのはアオバト♀でした。詳しい方によると、11月になるとその姿は滅多に見られないとか。

20201121_アオバト2

見つけてからそこを離れるまで数分でしたが、久しぶりに間近からアオバトを観察することができました。

20201121_アオバト3

20201121_アオバト4
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク