FC2ブログ

ハラビロトンボ

現地に到着早々にマムシを目撃したので、その近くはその後近寄らないようにしていました。移動する前に付近を確認するとハラビロトンボを見つけました。毎年個体数は限られますが、必ず出逢えるトンボです。

和名:ハラビロトンボ、学名:Lyriothemis pachygastra、トンボ目 トンボ科、33-40mm、4-10月

20200626_ハラビロトンボ

20200626_ハラビロトンボ2
スポンサーサイト



オオイトトンボ

例年は6月上旬までには出かけるところ今年は諸般の事情で月末近くになりました。本来ならこの場所はオオイトトンボの他にオゼイトトンボ、エゾイトトンボも観察できます。また、オゼイトトンボは観察できる南限に位置しています。
今年は半月以上遅くなったので諦めてはいましたが、やはり見つけることはできませんでした。代わりにオオイトトンボは沢山活動中でした。(もしかしたら、オオイトトンボと識別した中にムスジイトトンボが混在している可能性もあるようですが)


和名:オオイトトンボ、学名:Paracercion sieboldii、トンボ目 イトトンボ科、27-42mm、5-10月

20200626_オオイトトンボ2

20200626_オオイトトンボ3

20200626_オオイトトンボ4

20200626_オオイトトンボ6

コムラサキ(産卵)

ため池のほとりにある柳の木にコムラサキが飛んできました。直ぐに産卵行動を始めたのでカメラを僅か近づけようとしたら、気を悪くしたのか高い場所に飛んでしまいました。

20200626_コムラサキ

ホソミオツネントンボ

例年より個体数は少なかったようですが、今年もホソミオツネントンボを確認できました。曇天のため本来の色合いが出ていなかったことが残念です。

和名:ホソミオツネントンボ、学名:Indolestes peregrinus、トンボ目 アオイトトンボ科、35-42mm、3-12月

20200626_ホソミオツネントンボ

20200626_ホソミオツネントンボ2

20200626_ホソミオツネントンボ3

20200626_ホソミオツネントンボ4

モノサシトンボ

地元でも観察できるようですが、この場所では数えられないくらいのモノサシトンボが活動していました。ため池の中では殆どが連結していましたが、若い個体は周りの茂みの中でじっとしていました。

和名:モノサシトンボ、学名:Pseudocopera annulata、トンボ目 モノサシトンボ科、38-51mm、4-10月

20200626_モノサシトンボ

20200626_モノサシトンボ2

20200626_モノサシトンボ3

20200626_モノサシトンボ4

モートンイトトンボ

観察できる場所が年々減少しているモートンイトトンボです。この場所でも数年前よりは個体数が減少していました。今年は例年より出かける時期が遅かったこともあるかも知れません。

和名:モートンイトトンボ、学名:Mortonagrion selenion、トンボ目 イトトンボ科、22-32mm、5-8月

20200626_モートンイトトンボ

20200626_モートンイトトンボ2

20200626_モートンイトトンボ3

20200626_モートンイトトンボ5

チョウトンボ

観察時は時折霧雨が降ってくるような厳しい天候でしたが、それでも羽化の最盛期にぶつかったようで沢山のチョウトンボを観察できました。5枚目は羽化直後らしく、翅が伸び切っていませんでした。

和名:チョウトンボ、学名:Rhyothemis fuliginosa、トンボ目 トンボ科、31-42mm、5-9月

20200626_チョウトンボ

20200626_チョウトンボ2

20200626_チョウトンボ3

20200626_チョウトンボ4

20200626_チョウトンボ5

キイトトンボ

イトトンボの中でも腹部が太くて飛び方に特徴があるキイトトンボはずっと見ていても飽きません。若い個体も目立ち、撮り放題でした。

和名:キイトトンボ、学名:Ceriagrion melanurum、トンボ目 イトトンボ科、35-46mm、5-10月

20200626_キイトトンボ

20200626_キイトトンボ3

20200626_キイトトンボ4

20200626_キイトトンボ5

20200626_キイトトンボ7

オオツノトンボ

ツノトンボの仲間の中でも中々見ることができないオオツノトンボに出逢いました。見るからに苦しそうな体勢はこの種のトレードマークの様です。

和名:オオツノトンボ、学名:Protidricerus japonicus、アミメカゲロウ目 ウスバカゲロウ科、30mm前後、6-9月

20200626_オオツノトンボ

コガタミズアブ

ため池で見つけた黄色い「ハチ」と思って撮りましたがミズアブの仲間でした。偶然でしたが今となっては珍しいと言われるほど個体数が減少しているそうです。もっと他の角度からも撮っておくんだったと後悔しています。

和名:コガタミズアブ、学名:Odontomyia garatas、ハエ目 ミズアブ科、10-13mm、6-7月

20200626_コガタミズアブ
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク