FC2ブログ

トラフシジミ 夏型

ずっと雨が続き、更に当分雨の予報だったので半分諦めていましたが、どうにか確認できました。春型のすっきりした色合いとは変わって、ぼんやりとした色合いの夏型です。夏型の方が探すポイントがはっきりしているので直ぐに見つかると思いましたが、今年は天気に泣かされました。

20190630_トラフシジミ夏型
スポンサーサイト



ヘリグロテントウノミハムシ

テントウムシの若い個体にも見えますが、触角の形状が違っています。こう見えてもハムシの仲間です。大きさは3.5mmほど。ボーっとしていると見過ごしそうでした。

20190616_ヘリグロテントウノミハムシ

ハグルマトモエ

何年かぶりでハグルマトモエを見つけました。これまで見たことが無いほど、歯車部分がグリーンに染まっていました。

20190623_ハグルマトモエh

ヒヌマイトトンボ 今期初認

野暮用が重なり例年に比べ半月以上遅くなりましたが、ヒヌマイトトンボに逢ってきました。天候の関係で30分ほどの観察でしたが、必要最低限の撮影はできました。一度は名前の由来となった涸沼にも行ってみたいです。

20190622_ヒヌマイトトンボ♂

20190622_ヒヌマイトトンボ未成熟♀

20190622_ヒヌマイトトンボ

イチモンジセセリ

トンボを探している時にすぐ近くまで飛んできたイチモンジセセリです。接写しても気にもせず吸蜜を続けていました。

20190621_イチモンジセセリ1

トウキョウヒメハンミョウ 今期初認

対象となる被写体が急に増えたので、どうしても目立ちにくいものは後回しになっています。ハンミョウは派手な外見ですが、トウキョウヒメハンミョウは実に地味です。突然目の前に現れました。

20190619_トウキョウヒメハンミョウ

コノシメトンボ 今期初認

翅の先にノシメ模様がある小型のトンボを見つけました。可能性としては3種ありますが、胸の模様からコノシメトンボと判りました。また体型からオスのようです。コノシメトンボのオスはこれから秋に向かって真っ赤に染まります。

20190619_コノシメトンボ♂

オナガサナエ 今期初認

3週間ぶりに出かけたサナエトンボのポイントでは予想通りオナガサナエが沢山出ていました。徐々に近づくと至近距離から撮ることができますが、曇り空だったため本来の色が出ていません。

20190621_オナガサナエ2

20190621_オナガサナエ3

20190621_オナガサナエ1

コムラサキ

サナエトンボを探しに行ったポイントでまたコムラサキに出逢いました。昨年もちょうど今頃ですがコムラサキに遭遇していました。今朝のコムラサキは羽化直後のような綺麗な個体でした。

20190621_コムラサキ1

20190621_コムラサキ2

20190621_コムラサキ3

カワセミ

先日公園入口近くの休憩所で朝ごはんを食べていたら、生垣の向こう側の田んぼにカワセミがやってきました。まだ若いオスらしく、田んぼの水面に向かってダイビング。結果はドジョウをしっかりと咥えていました。水深が浅くても頭が泥だらけにならないのは流石でした。

20190619_カワセミ♂
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク