FC2ブログ

ムネアカナガタマムシ

トンボを探しに行った森で初めて見たタマムシの仲間を見つけました。以前なら完全にスルーでしたが昨シーズンからタマムシの仲間に興味が湧いてきたため目に留まるようになりました。(大きさ:7-11mm、時期:5-7月) TG-5

20190429_ムネアカナガタマムシ
スポンサーサイト



アオバセセリ 今期初認

やっと天気が回復したのでいつもの場所を覗いてみました。偶然、1頭のアオバセセリが姿を見せてくれましたが、気温が低いためか葉の裏側に陣取り動かなくなりました。羽化直後の綺麗な個体を予想していましたが、なんと翅はスレスレでした。取り敢えず証拠写真としてアップしておきます。

20190428_アオバセセリ

20190428_アオバセセリ3

20190428_アオバセセリ2

ヨツモンカメノコハムシ

サツマイモの大敵と言われるヨツモンカメノコハムシが今年も姿を現しました。このまま本州を北上していくのでしょうか。

20190425_ヨツモンカメノコハムシ

アサヒナカワトンボ 今期初認

こちらの種も例年より羽化の時期が遅かったようです。でも既に多くの個体が活動していました。何故か明るいところにしか止まりません。従って、いつも眩しい中で撮っているようです。

20190421_アサヒナカワトンボ

ハラビロトンボ 今期初認

3度目の訪問でやっと見つけたハラビロトンボです。羽化が始まったようですが、昨年よりは十日以上遅い気がします。この池が一時は殆ど干上がった状態になっていたので心配していましたが、これで取り敢えず安心しました。来週には複数個体が飛んでいると思われます。

20190421_ハラビロトンボ羽化

トラフシジミ春型 今期初認

ダビドサナエに遭遇した直ぐ近くでトラフシジミを見つけました。春型は毎回どこからか突然現れて、突然姿を消します。飛んでいる時には黒っぽく見えるので、背景によっては視野から消えたように見えます。開翅も観察できましたが、曇っていたので鮮やかさはぼちぼちでした。

20190421_トラフシジミ春型

20190421_トラフシジミ春型2

シメ

森の中の水場から飛び出したのはくちばしの色が鉛色に変わったシメでした。冬羽の間は肌色でしたが鉛色になると、そろそろ渡りの季節です。

20190421_シメ

ダビドサナエ 今期初認

探していたダビドサナエにやっと逢うことができました。見つけた瞬間はカワトンボと同じ大きさで、やや黒く見えたのでやったという感じ。その場から証拠写真を撮って、改めて立ち位置を変えて複数枚撮ろうとしたとき、カワトンボがちょっかいを出しに来ました。もちろん、ダビドサナエは高いところに飛んでしまいました。

20190421_ダビドサナエ

ヒメアカタテハ

今朝の狙いはトンボでしたが、また空振りでした。都区内の公園に様子を見に行きました。例年ならその場所ではヨツボシトンボなどが羽化を始める時節です。昨年は少し早めでしたが、今年はどうなのでしょうか。
その公園で出逢ったヒメアカタテハです。忙しそうに飛んできて、短時間だけ休憩し、またどこかに飛んで行きました。背景が残念でした。


20190420_ヒメアカタテハ

ホソミイトトンボ 今期初認

3週連続でトンボを探しに行った森でやっとホソミイトトンボを見つけました。既に青くなって水場に来ていました。ただし、例年より個体数は少なく、この個体もわずかな時間でどこかに姿を消しました。

20190419_ホソミイトトンボ
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク