FC2ブログ

ハラグロオオテントウ 初見

都内の公園で散策していると大きなテントウムシを見つけました。余りの大きさに別の種かとも考えましたが、ネットで調べるとテントウムシ科の仲間でした。初見初撮りです。

20180430_ハラグロオオテントウ

スポンサーサイト



アメンボウ

トンボを探しに行った公園内の池で、アメンボウが水から上がり休憩しているところを目撃しました。いつも水面上に居ると思っていたら、休憩時は水から上がるんですね。近づいたら慌てて水に入りました。

20180430_アメンボ

アカタテハ

街中ではヒメアカタテハは確認できるが、アカタテハは滅多に逢えない。でも森に入ると、ヒメは皆無でアカタテハが鉄砲玉のように飛んでいる。中々近くに止まってくれず、今回もギリギリ枠に収まったのはこの1枚だけ。チョウ屋さんの撮る飛翔写真は私には無理のようだ。

20180428_アカタテハ

アシナガオトシブミ

名前は聞いたことがあるが、実物は初めて目にしたアシナガオトシブミ。10mm弱の大きさで、マクロレンズで接写しようとしたら動かれて上手くいかず、中距離望遠レンズでどうにか証拠写真を撮った。

20180428_アシナガオトシブミ

歩き出した「ゴミ」

森を歩いていると、葉に付いたゴミに目が止まった。すると、「ゴミ」の下から小さな足が出て移動を開始した。カゲロウやカメムシの仲間の幼虫がゴミを背負って天敵をやり過ごすとか聞いたが、種の特定はできなかった。



クロスジギンヤンマ 今期初認

ヤンマの中では一番早く姿を現すのではないかと思うほど、毎年いち早く姿を見せてくれる。オスの存在を気にしながら、メスは短時間で産卵を済ませ姿を消した。昨年はオスが産卵中のメスを強奪するように連れ去った場面に遭遇したが、今年はオスの姿が無かった。

20180428_クロスジギンヤンマ

ジンガサハムシ

森の中の通路を歩いていると、脇の茂みの中で何かが光ったように見えました。その辺りを探すと、草の茂みの奥にジンガサハムシがいました。

20180428_ジンガサハムシ

直ぐ近くに似たような個体が居ましたが、色合いのパターンが少し違うようです。ネットで調べても該当するものが見つからず、一旦はジンガサハムシとしておきます。

20180428_ジンガサハムシ2

アカスジキンカメムシ 5令幼虫

アオバセセリを探しに行きましたが、4時間ほど粘ったのに結局ふられてしまいました。一週間遅かったようです。その代わり、アカスジキンカメムシの幼虫が遊んでくれました。(30mm マクロ)

20180427_アカスジキンカメムシ

ヨツボシトンボ 今期初認

今年もヨツボシトンボの羽化を確認できました。既に数多くの個体が羽化していて、産卵行動をしているカップルも確認できました。

20180421_ヨツボシトンボ2

20180421_ヨツボシトンボ

ツマグロヒョウモン♂

気温が上がって夏を思わせる陽気になったら、ツマグロヒョウモンが飛び出しました。暑い日が似合うチョウですね。

20180421_ツマグロヒョウモン

プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク