FC2ブログ

エナガ@MF




見上げると真上の枝にエナガが止まっていました。

いつもは忙しく動き回り、中々捉えられませんが、この時はのんびりとした動き

でした。

ただ、光の加減が悪く色が出ませんが、近くからエナガの観察ができました。
スポンサーサイト



シロハラ@MF


先週から声は聞いていましたが、姿を見たのは今朝が今季初。

やっと全身を見せてくれました。

MFでは近年ガビチョウやタイワンリスが異常に増えて、それに合わせた様に

シロハラやアカハラの姿が少なくなってきたように感じます。

この後どうなっていくのでしょう。。

君は誰?


帰り支度をしている時にはるか頭上を猛禽が通過しました。

レンズキャップを外してカメラを向けた時には既に真上を通過する処。

ピントも合っていませんが1枚だけ写っていました。

空が開けた場所では無いので飛び去るところは確認できませんでした。

大きさはオオタカクラス。でもどことなくいつものオオタカとは違うような。

ボンヤリと顔も写っていますが、これで分かる方、教えてください。

オオアオイトトンボ@MF




MF内の数か所でオオアオイトトンボが観察できますが、この場所は古民家の裏の池。

人一人がやっと歩けるような木道の手すりで複数頭が日向ぼっこをしていました。

手すりは木道の一方だけにあり、竹で作られていて手作り感満載です。

ただ、場所が場所だけにのんびり撮っていられません。何しろ細い通り道なので、

人が来るたびにすれ違える場所まで退散します。木道の下は池なので落ちたら大変。

人が通ると流石に彼らも飛んでしまいますが、通り過ぎるとまた同じ場所にやって

きます。ここが一番暖かくて気持ち良さそうです。

ベニマシコ♂@MF



ここにきてMFではルリビタキやベニマシコ、それにウソの声も聞こえるように

なりました。それでも中々全身を捉えるチャンスが無かったのですが、今朝はベニ

さんが遊んでくれました。

最初はメスが盛んに鳴いて姿を見せてくれましたが、非常に暗い場所で写真には

ならず、別の場所で食事中のオスをどうにか写すことができました。こちらも

距離があり、逆光ぎみの状況で切れの無い写真ですが、今季の初撮りです。

ジョウビタキ♂♂@アリスイ公園


この季節にジョウビタキのオスが2羽が直ぐ近くで遊んでいました。

その真中が縄張りの境界線だそうですが、見ているとクロスするほど

近付いていました。兄弟なのかな?

アリスイ@アリスイ公園 今季初認



前回は空振りでしたが、その後も姿を見せているようなので再び出かけました。

朝一番でいつの間にか足元の暗い場所にやって来たところを証拠写真GET。

今日は撮り放題かと思ったら、あっさりと飛んでしまいました。

1時間ほど経った頃、少し離れた場所で再びアリスイの姿を確認しました。

ところが、そこには2羽のアリスイが。

繁殖期では無いこの時期には、例え雌雄でも縄張り争いとなり、見ている間に

追いかけっこで公園の外に飛んで行ってしまいました。

1枚目はこの場所の主。2枚目は新入りです。撮った角度が違いますが、

背中の模様などが随分違うようです。

キンクロハジロ@MF


他ではごく普通に見られるカモ、キンクロハジロですが、MFのこの池では結構、

珍しいです。そもそもカワセミはほぼ常駐していますが、水面がミドリムシの為

に汚れて見えるので、カモ達もごく少数しかやって来ません。

たまたま、キンクロがやって来た前週には1日だけホシハジロが2羽やってきて

いました。そして、予想通りそのどちらも翌日には姿が無かった様です。

やはり気に入らなかったらしいですね。

越冬中のヤモリ@MF


MF内のとある建物の柱でヤモリが越冬中と教えて貰い撮影することに。

直ぐにその場所は分りましたが、柱のひび割れの奥の方に複数個体の

ヤモリが潜んでいて、非常に暗い場所でした。

最初に正確な位置を確認する為、ブラックライトを使い覗きました。

撮影はマクロレンズ、フラッシュ、マニュアルフォーカス等試行錯誤

の末、どうにか撮ることができました。

実際には右側が上になります。画像は不要部分をトリミングしただけ

の大きな写真のままです。興味がある方は拡大して見てください。

全身が写っている個体の左右(実際には上下)にもヤモリが居ました。

ヒオドシチョウ@MF



今朝のMFではベニマシコのオスメスが出たということで数名のカメラマンが

再度の出待ちをしていました。私は待つのが苦手なのでいつもの様に散策へ。

ある場所ではルリビタキの声だけ聴いて次の場所へ。結局、鳥撮りは諦めて

昆虫系に切り替えた途端、ヒオドシチョウに遭遇しました。

飛び方はキタテハで翅の裏側はルリタテハそっくり。でも開翅するとビックリ

する様な色合いです。地面に降りては開翅、また飛んで地面に降りては開翅の

連続で、その後高い場所に上がってしまいました。

春に生まれた個体にしては傷も少なく綺麗な個体でした。この種はこのまま

成体で越冬します。
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク