FC2ブログ

アジアイトトンボ(♀)



毎年、GWの初めに田舎に向かう途中、水戸駅から程近い千波湖湖畔で
ホソミオツネントンボを観察してきたが、今年は周辺を探してもまったく
姿が無かった。

一昨年までは、数えきれないほどの光景にびっくりしていたが、昨年は
数頭だけ、そして今年は1頭も確認できなかった。
気温が低めで発生が遅れているだけなら良いが、嫌な予感もする。

そんなこんなで、見つけたイトトンボはアジアイトトンボのみ。
未成熟個体が多かったが、中に♀の成熟個体も居た。
1枚目:♀成熟個体
2枚目:♀未成熟個体
スポンサーサイト



センダイムシクイ@自然観察の森


トンボを探しに行った森ではオオルリやセンダイムシクイの声が頭上から
聞こえていました。オオルリの姿は1度だけ目にすることはできましたが、
枝の中で撮れず仕舞い。

センダイムシクイも見上げたら高い場所を移動していたので、殆ど諦めて
いました。それでも1度だけ居そうな場所に狙いを付けて撮ってみました。
そんな中の1枚に輪郭だけ写っていたものがこれです。

確かに鳴き声はセンダイムシクイ。もう少し顔が見えればと思いますが、
私の場合、贅沢は言えません。

ダビドサナエ 今季初認


横浜自然観察の森へサナエトンボを探しに出かけてきました。
例年なら、最初がヤマサナエ(1度だけキサナエ)、それからダビドサナエ、
暑くなったらコオニヤンマ等など楽しませて貰っています。

今年の一番はダビドサナエ。初めて5月の声を聞く前に確認できました。
森に7時前に到着したけど、気温が低めだったので、カワトンボの姿もなく、
唯一ハラビロトンボが相手をしてくれました。

到着後、4時間ほど経って、やっとダビドサナエの登場となりました。。

クロアゲハ


北公園から坂を上って来て舞岡公園の看板近くで数頭のジャコウアゲハに遭遇。

カメラを向けると中に1頭だけ腹部に赤味が無い個体が。。

良く見るとクロアゲハが混じっていた。。今季初見。。

チュウシャクシギ




何気なく覗いた擬岩ではチュウシャクシギが目の前までやってきてカニと
格闘していた。上手い具合にカニの足を取って最後に丸飲み。器用なものだ。

ギャラリーが少ないと、シギ達ものんびりするのかリラックスした姿を堪能。

サルハマシギ


この公園のHPには毎日観察された野鳥の名前が掲載されています。

昨夜、いつもの様にチェックするとそこには「サルハマシギ」の名前が。
一昨日には無かったので入って来たばかりと言うことです。

ということで、葛西臨海公園を経由して覗いて見ることにしました。

何故かいつもより混雑して、探鳥会が幾つか重なったような雰囲気でした。
この人たちもみんなおサルさん狙いかと疑いましたが、そうでもなかった
ようです。

と言っても、干潟は広いのでデジスコでないと苦戦です。それでも、
ワンチャンスで証拠写真を取ることができました。2時間ほど観察している
間に葛西をはじめ野鳥公園や横浜の公園などの知人にも会いました。

やはり、この方たちはあのHPを見てきたようでした。。

汽水池のクサシギ


土曜日の朝、久しぶりに汽水池を覗いて見ました。
歯医者の予約の時間まで短時間でしたが、相手をしてくれました。
それでも距離は縮まらず、最初から最後までぎりぎりの距離でした。

秋の渡りの時には何度か見ていますが、4月に確認したのは
初めてかも知れません。これまでクサシギと言うと真夏の用水路と
いうイメージが出来上がっていました。

アオゲラ



日曜日の早朝、MFのU久保の奥で今季初めてヤブサメの声を聞きました。
複数羽入っているようでしたが、高い場所を移動する影だけで写真は撮れず。

その近くでオスのアオゲラが巣穴を掘っていました。20分ほど見ていた間、
休みなく作業を続けていました。暗い場所なのでカメラの設定を+2/3まで
上げましたが、動いていることが多くいつも様にピンボケ量産でした。

他の場所も散策してみると、K久保では長老がアオゲラを待っていました。
この時期は、複数のカップルが巣穴を掘っているようでした。
キビタキなどの夏鳥も目撃されているようでしたが、根気が必要とのこと。

ムラサキシジミ




ルリタテハを見つけた近くで複数のムラサキシジミを目撃しました。
何処から飛んでくるのかと観察していると、近くの大きな松の木の上の方から
飛んできていたようです。草の上で日向ぼっこをしたかと思うと飛び上がり、
また別の個体がやってきました。

ルリタテハ&ルリシジミ




トラフシジミ春型に出逢った通称大池公園の散策路沿いで

2頭のルリタテハが休んでいました。また、

少し離れた場所ではルリシジミが止まっていました。

チョウの数が一気に増えてきたように感じました。
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク