FC2ブログ

横浜自然観察の森へ




 炎天下の干潟や田んぼエリアは暑すぎるので、少しは涼しそうな森へ出かけました。

 日差しは強くても、森の中は気分的にヒンヤリするのではと思っていましたが、

 やはり、直射日光は焼け付くようでした。それでもうっそうとした場所では心なしか

 涼しくも感じました。

 朝一番に出迎えてくれたのは葉っぱの上のハンミョウ。

 それから、小さな赤トンボ、リスアカネ。

 最後がハグロトンボでした。

 野鳥ではアオゲラの姿やチョウゲンボウの飛翔も目にしましたが、結局撮れず仕舞い。

 森の中ではホオジロの幼鳥が元気に遊んでいたのが印象的でした。
スポンサーサイト



クロツラヘラサギのいる風景




 今回の写真は心が澄んでいる方でも、見たいものは見えないと思います。

 私もスコープで確認させてもらって、その方向を撮ったつもりで帰ってきました。

 もしかして、心が透明な方なら、写真のほぼ中央で舞い上がるところが見えるかも知れません。

 更に、幼鳥の印でもある、羽の先端部分の黒いところが・・・・

 添付写真の容量制限でリサイズのみ加工しています。

田んぼのセッカ




 この時期、田んぼで一番元気なのはセッカかもしれない。

 疲れを知らないように、あの独特な鳴き声と共に田んぼの上空をあっちへ行ったりこっちに来たり。

 時々、こんな風に一休みすることはあっても、直ぐ上空へ。。

 改めて見ると、セッカの口の中は黒。復習復習・・

亜麻色が残るアマサギ




 田んぼエリアではチュウサギが一番目に付きますが、コサギやアオサギに混じって

 真っ白なアマサギにも出逢います。そんな中で、幾らかでも亜麻色が残っている個体

 を探してみました。2時間ほど探して4羽まで確認しましたが、いづれも警戒心が

 強くて遠くからの証拠写真です。

田んぼエリアのムナグロ




 炎天下の田んぼエリアは2時間が限界と言うことで、一昨日のリベンジで再び出かけました。

 ただ、今朝は特に暑くて普通に歩いているだけでもくらくらする位でした。

 坊主も仕方ないかと帰りがけに亜麻色の残るアマサギとムナグロに出逢いました。

 1枚目:畑のムナグロ

 2名目:田んぼの畔で

 3枚目:休耕田の中で

 
 アマサギは警戒心が最強で全く近づけません。遠くから沢山撮ったのですが、まともな

 写真を探すのが大変です。見つかったらアップします。

コオバシギ:初撮り(#216)




 これまでに何度かニアミスはしてきましたが、やっと撮ることができました。

 でも距離がありいつもの証拠写真です。やはり、三番瀬は「長靴」が必須ですね。

 今朝もいつものウォーキングシューズで出かけたので、無理をせず濡れない所から

 撮ってきました。

 震災後、干潟の中の地形が変わって、深い潮だまりができていて、沖まで普通の靴では

 歩いて行けません。そろそろ長靴かな・・・

夏と言えば「ケリ」ですね




 また今年の夏もケリに逢うことができました。

 探し始めて15分も経たないうちに目の前の畑で休んでいるところに遭遇しました。

 8羽前後の群れで、気付いたのが遅すぎて随分近づいてしまっていたようです。

 それだけ遠くからでは見つけ辛い場所に休んでいたということです。

 いつ見ても、足が長くて、スマートで、それでいて品があって、個人的には大ファンです。

 タマちゃん以上に。。

駅前のゴイサギ




 今朝は雨の中、舞岡公園に出かけました。直ぐに上がると思っていた雨は、結局帰るまで

 降り続いていました。公園内では殆ど何も撮れず、地下鉄の入り口まで戻って来ると、

 そこに久しぶりにゴイサギの成鳥が立ちすくんでいました。

 回り込んで近くからレンズを向けたら、一瞬こちらを見上げましたが、また何事もなかった

 様にじっとある一点を見つめていました。

葛西臨海公園一人探鳥会










 干潟に行くほど元気が無くて、それでも沢山の野鳥が見られる場所と言えばここになります。

 あてもなく、7時から10時まで鳥類園を散策してきました。

 珍客には逢えませんでしたが、一通り出逢った気がします。

 散策路ではミンミンゼミやアブラゼミ、ひときわ大きな声でクマゼミも鳴いていました。

 最後のはおまけのヨシゴイです。偶然、顔見知りの方が狙っているところに遭遇。

 証拠写真だけ撮らせてもらいました。

オオメダイチドリ




 雨マークが出ていたが、予定通り三番瀬へ。

 手前の干潟には殆ど空っぽの状態で、沖の波打ち際にミヤコドリが数羽見えた。

 長靴では無かったので近場を探し、オオメダイに遭遇。モデルになってもらった。

 何か干潟全体の匂いが震災前と変わってしまったようだ。以前の状態に戻るのは

 いつだろうか。
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク