FC2ブログ

ホソミオツネントンボ@茨城県





 用事のついでに今年も千波湖を覗いてきました。

 これまで湖畔から少し離れた湿地帯で確認していたので、そちらを探しましたが、
 いたのは数頭のみ。こんなものかと湖畔に続く水路を探したところ、数十では
 きかない数のホソミオツネントンボを見つけました。

 更に、湖畔のある部分では数十頭の塊が何か所かあり、トータルでは相当の数に
 なりそうでした。この時期は越年組が活動しており、盛んに産卵もしていました。

 いつまでもこの環境は残しておきたいと感じました。。
スポンサーサイト



キビタキ(♂)若


 今朝の第一目標だったキビタキに到着早々逢うことができました。でもこんな場所で
 中々降りてきてくれません。結局、この証拠写真のみという結果でした。

 実は、このキビタキを観察している時に聞きなれない鳴き声をしていて、目の前には
 この若が居るので、若い時はこういう鳴き声なのかと、一人で思い込んでしましました。

 その後も、その辺りで鳴き声は続き、時折キビタキの若が目撃されたことから、完全に
 思い込みは刷り込みへと変わっていきました。

 ところが、茂みの中で囀っている姿がちょっとだけ見えて、何故か黄色い部分が無くて
 白い眉斑がはっきりと。この期に及んで、自分は何を探していたのかと・・・

 そこに野鳥に詳しい知人が到着。その鳴き声を聞くなり、「エゾムシクイ」がいる。。
 その時は本当に顔から火が出たような感じでした。まだまだ修行が足りません。。

ニョロニョロさん達、お目覚めです!




 午前中はチョウやトンボを追いかけていましたが、午後からMFを散策。

 公園の中の田んぼの畔を歩いていると、やたらにニョロニョロが目に付きました。

 アオダイショウやヤマカガシがそこいらじゅうにウロウロしていました。

 最後はシマヘビが2頭とぐろを巻いていてデート中の様でした。

 帰る間際にヤマカガシがカエルを飲み込むところに遭遇しましたが、カメラは

 既に片づけた後。どちらにしても刺激的すぎてアップできないし・・・

チュウシャクシギ




 ぞくぞくとシギチがやって来ているようです。

 この場所でもチュウシャクシギが見つけただけでも3羽、干潟で餌を探していました。

 距離がある上に曇天で暗くて・・

 今シーズン初認です。

アジアイトトンボ



 いつもの年はGWからトンボの記事をアップ始めていたが、今年は例年より10日ほど早く

 出逢うことができた。ちゃんとオスの第9腹節が青いことを確認できたのでアップすることに。

 ということは、他のトンボもぼちぼち出てきているのだろうか。

オオハシシギ



 ツルシギに逢えるかも知れないと出かけて行きましたが留守でした。

 その代り、夏羽のオオハシシギが1羽遊んでくれました。

 とは言っても、杭の陰に隠れて寝てばっかり。アオアシシギが起こしに行っても

 中々目が覚めないようです。

20120419早朝ウォーキング

 3:50起床。何故かチョコパイ。4:35出発。今朝は象の鼻まで。・・・


 このブログを始めたころはこんな感じだった。

 毎朝、90分ほど歩いて約1万歩。最近は少し短くなり、せいぜい7000歩。

 歩くエリアも根岸森林公園一筋だったが、最近はみなとみらい方面や中華街と平地が

 多くなった。早朝からアップダウンはきつく感じる様になったのかも・・

 
 今朝も8000歩ほど歩いて戻ってきた。スマホを持ち歩いているが今朝は写真なし。

 もうすぐ、総歩数が七千万歩に届きそう。。約6年半で。。

スプリング・エフェメラル:ツマキチョウ




 お昼過ぎに到着したMFは良い天気のためか、多くの家族連れで賑わっていた。

 探し物は人が居ないところでと決めているので、一番人口密度が低そうな狐窪へ。

 今日は朝からツキが続いていたらしい。ふと見た場所にツマキチョウが休んでいた。

 時たま気が変わった様に遠くまで飛んで行ってしまうが、しばらくすると同じ場所に

 戻ってきてくれた。昨年とほぼ同じ時期に今年も出逢うことができた。

ミヤマホオジロ




 どこかに遠征した訳ではありませんよ。

 いつもの公園で池の周回路を一人で歩いていると、石畳の上で何かが動いていました。

 初めはアオジでも出ているのかと思ったのですが、のど元が白くてアイラインも・・・

 半信半疑で少し近づくと、紛れもないミヤマさんでした。

 ところが、この通路はランナーや散歩の方も多く、驚いて茂みに飛び込んでしまいました。

 少しだけ待ってみましたが、出てくる様子もなかったので戻ってきました。

 帰り道の途中で立ち寄ってくれたのでしょうね。。

イソヒヨドリ♂




 臨港パークに向かう途中でイソヒヨのオスに出逢った。

 運河の河口付近で餌を探してあちこち遊んでいた。

 やはり、綺麗なオスは遠くからでも目立って探しやすい。
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク