FC2ブログ

1229年末長距離ウォーキング










 年間総歩数を1095万歩まで届くようにこのところ目一杯歩いている。と言うことで今朝も
 雨の中、傘をさして出かけた。5:00起床、バナナ、5:40出発。久しぶりに早朝の根岸
 森林公園へ。(3万歩×365日=1095万歩)

 6:10到着。さすがに雨の中歩いている人は数えるくらい。そんな中、黙々と8周した。
 約10㎞強。傘をさしていたので普通よりはのんびりペースだった。その後、本牧市民公園へ。
 市民公園は何箇所かでがけ崩れがあり、立ち入り禁止区域がだんだん拡大している。

 市民公園の入り口付近で縄張りを作っていたジョウビタキ♂がいつの間にか、もっと公園の奥
 三渓園の入口あたりで姿を見せていた。がけ崩れの跡、縄張りを移動したのかな?バンは1羽
 だけ、いつものように首を振りながら泳いでいた。

 それから本牧山頂公園へ。ここの鳥さんたちは何故か警戒心が強い。シメやジョウビ♀はこんな
 に遠くからでないと撮らせてくれない。
 午前だけで3.6万歩。12:30帰宅。
スポンサーサイト



生まれて初めて作ったメガネ


 近いところが見え辛くなったので近所のメガネ屋さんできちんと検眼をした結果、思いもよらない
 結果となり、遠近両用のメガネを作ることになった。
 あれから一週間、とうとう出来上がってきたのがこれ。分かるかな。

 明日は早速、これを掛けてウォーキング。年末年始で慣らしておかないと、年明けの仕事で困る
 かもしれないので。本当に慣れることができるか心配。特に階段や急坂のウォーキング、鳥見は
 耐えられるだろうか。おじさんの顔を出しても問題なのでメガネだけデビュー。

中山道(4回目)完歩しました




「健康ウォーキング」サイトで毎日の歩数を登録することで仮想ウォーキングコースを歩きます。
 【https://gnl.cplaza.ne.jp/walking/index.html】

 11/26から歩き出した中山道を33日で本日12/28にどうにか完歩しました。
 すると、上のような完歩証明書が発行されます。

 これで完歩証明書はトータル34枚となりました。(2006/1/9からの通算)

 明日から、4巡目の2番目のコース:東海道五十三次を歩きます。
 500㎞弱の長丁場なので35日程度を目標にします。年が明けると花粉症の心配が・・
 明日から(遠近両用:生まれて初めての)メガネをかけてウォーキングします。

 また、昨年1月からの足跡は下の表の通りです。



トラツグミ:枝被りですが初撮りです




 午後から天気が崩れる予報だったが、初めて早朝から臨海公園に行ってみた。観察小屋へ
 向う小道の横の藪の中に動くものが・・コジュケイくらいの大きさでトコトコ歩いていた。

 テレコン付では近すぎたが外す余裕もなく、そのまま撮ってきた。一瞬、目があったが
 もう一度ゆっくり逢ってみたいものだ。

 【分 類】 スズメ目 ツグミ科
 【撮影地】 東京都江戸川区(葛西臨海公園)
 【撮影日】 2007年12月28日

納会の朝、里山ウォーキング&鳥見

【いつもカワセミのいる池は一面の氷】



【アカハラは顔をそむけたまま】



【コジュケイも顔をそむけてしまった】



【タシギも・・】



【シメも・・】



 4:30起床、5:30出発。電車に乗る前に30分ほどウォーキング。今日は夕方の納会だけ
 なので、今年最後の里山ウォーキング&鳥見に出かけた。天気は良いがやたらと寒い。

 11月までは暖冬だったが、最近は冷え込みがきつくなった様な気がする。それでも帰省前の
 天気の良い日なので午前中だけでもと出かけてみた。余りにも寒くて鳥を探す元気もなかったが、
 公園の入口あたりでコジュケイの家族が出迎えてくれた。カメラはまだリュックの中。

 その後、水車小屋近くの湿地でそっぽを向いたアカハラや明るい所に降り立ったコジュケイ、
 タシギ、シメと遊んできた。カワセミは池に氷が張っていたので困った様子でえさ場を探して
 いた。帰りにはモズが見送ってくれたが、すでにカメラはリュックの中。11時帰宅。

ハジロカイツブリ(12/27訂正):見分けは超難しい・・










 東なぎさとの水路に3種類のカイツブリがいると聞いて早速行ってみると、逆光で目の色が良く
 分からない。最初に見た群はハジロカイツブリではなくミミカイツブリに見えた。確信は無し。

 ただし、虹彩は赤色、嘴は黒くてハジロカイツブリのように上に反ってはいない。また冬羽は
 過眼線より上は黒く過眼線以下は白い。背も黒色になり下面は白い。でも頭の形からハジロ・・

 【分 類】 カイツブリ目 カイツブリ科
 【撮影地】 東京都江戸川区(葛西臨海公園)
 【撮影日】 2007年12月24日

ハマシギ(12/25訂正):左足をけがしていました










 西なぎさに渡る橋の下で発見。最初はイソシギだと思ったが、足は黒く嘴が下方に反っているよう
 にも見え、足の指は3本。左足をけがしているらしくケンケンしていた。

 くちばしの長さ等からハマシギ、冬羽と教えて頂いた。

 【分 類】 チドリ目 シギ科
 【撮影地】 東京都江戸川区(葛西臨海公園)
 【撮影日】 2007年12月24日

オオバン:もしかして初見?










 これまでバンは何度か出逢ったが、オオバンは初見です。いるところにはいるもので葛西臨海公園
 ではまったく普通に見ることができます。ただし、警戒心が強く岸には中々近づいてくれません。 

 水から上がって大きな足を見せてほしいところですが、とりあえず黒い体と嘴から額にかけて白い
 ところから間違いなくオオバンです。いくつかの小さな群れを確認しました。

 【分 類】 ツル目 クイナ科
 【撮影地】 東京都江戸川区(葛西臨海公園)
 【撮影日】 2007年12月24日

20071224仕事帰りウォーキング




 連休最終日も平日モードで出勤。それでも昼過ぎには終了。こんなことなら1日まるまるの方が
 良かった。昨日より遅くなったが葛西臨海公園でウォーキング。今日は風が強く特に海岸沿いは
 半端ではなかった。こんな日はひたすらウォーキングに限ると言いながらしっかり鳥見も。

 渚橋を渡り海浜公園に行ってみたが、そこは強風の砂浜という感じでそこそこに退散してきた。
 汽水湖でカモを見たり、海岸近くの海鳥を見たり、名前が分かったものからアップの予定。
 クリスマスイブだというのにこんなことで良いのかな。

親の品格(PHP新書)

 以前、「国家の品格」という本を読んだことがあるが、同じ方が書いたものと思い購入。
 著者は別人だったが興味深く読むことができた。子育てが終わった訳ではないが、我が
 家ではどれだけ実現できたかと考えながら読んでいた。

 【タイトル】親の品格
 【著者】坂東眞理子
 【発行所】PHP研究所
 【ISBN】978-4-569-69707-9

 カバーから
  ○子どもの機嫌を取らない
  ○みんなで食事をする
  ○親子で自然を楽しむ
  ○乗り物のなかでは座らない
  ○約束は必ず守る
  ○悪口は言わない
  ○差別をしない
  ○けっしてごまかさない
   ・
   ・

 【書籍の写真を載せることが著作権に抵触するらしいので表紙画像は省略します】
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク