FC2ブログ

ウォーキングと体重変化20070630




 夕方から雨がぱらつき出し、臨港パークから新港パークへ向かって歩いている辺りから雨粒を
 感じ始めた。それでも自宅まで40分ほどを歩いている間、折畳み傘を出すこともなく歩いて
 きた。今日の合計歩数は5.1万歩。これで4月から三ヵ月連続で月間90万歩を達成できた。

 また、これまでの月間の歩数は下のようになった。
 2007年前半で532万歩。後半もこの調子を維持して年間一千万歩を目指したい。
 ( すべて自己満足のために~~ )


  月 2006年 総歩数 2007年 総歩数
  1月    497,216    929,862
  2月    585,392    772,441
  3月    683,691    767,331
  4月    732,341    961,614
  5月    933,645    991,266
  6月    853,083    902,856
  7月    868,913           
  8月    788,265           
  9月    807,036           
 10月    776,429           
 11月    686,999           
 12月    833,279           
  計  9,046,289  5,325,370
スポンサーサイト



チョウトンボ:見る角度で印象が違う













 最初に見たときはこれがトンボとは確信が持てなかった。ヒラヒラ飛んでいるところは蝶にも
 見えなくは無い。何しろ羽が大きくて、でも蝶にしては胴体が長いし、取り敢えず撮れるだけ
 いろいろな角度から撮って戻ってきた。調べてみるとトンボ。

 4枚目の羽の耀きがなかなか良い。羽が大きくバランスを取りづらい為か、少しでも風があると
 頭を風上に向けるので風向きによっては非常に撮りづらかった。 

 【分 類】 不均翅亜目トンボ科チョウトンボ属
 【撮影地】 横浜市 本牧市民公園トンボ池
 【撮影日】 2007年6月30日

ギンヤンマ♂:撮りづらい場所でした




 子どもの頃から名前は知っていたが、この年になってオニヤンマとギンヤンマの違いをはっきり
 知ることができた。(今更ではあるが・・)

 オスは胴の付け根の色が空色で、また括れているが、メスは胴の付け根の色や紋様が違っていて
 また胴のくびれがない。ただ、一緒に上空を飛んでいると見分けは難しい。止まっていると
 違いは比較的容易に識別できる。

 【分 類】 不均翅亜目ヤンマ科ギンヤンマ属
 【撮影地】 横浜市 本牧市民公園トンボ池
 【撮影日】 2007年6月30日

オオシオカラトンボ♂:横浜カラー




 トンボ池の奥のほうがオオシオカラトンボの縄張りなのか、入口付近ではシオカラは沢山いても
 オオシオカラは見たことが無い。今朝もいつもの場所で黄色っぽいメスも目撃したがオスだけ
 撮ってきた。このブルーが横浜っぽくて気に入っている。

 シオカラトンボよりひと回り大きく体の色も濃いが、メスはまだ違いが良く分からないので
 一緒にいるオスを見て判断するようにしている。(これまで困ったことは無いが)

 【分 類】 不均翅亜目トンボ科シオカラトンボ属
 【撮影地】 横浜市 本牧市民公園トンボ池
 【撮影日】 2007年6月30日

週末長距離ウォーキング&トンボ撮り

【少しだけ見えていた富士山】



【根岸森林公園:早朝から真夏の空】



【本牧市民公園:立入禁止になっているトンボ池、当分柵の中には入れない】



【同上:池の睡蓮の葉の上で大きなカメが寝ていた。甲羅の長さは30㎝】



 4:50起床、バナナ、サプリメント、5:20出発。昨夜は遅かったので流石に3時台には
 起きられなかった。湿度が高いせいか出発時の体感温度は30℃近くなっていた。

 5:50根岸森林公園到着。富士山がうっすらと見えていた。最初からほぼトップスピードで
 8周(10.6㎞)を97分、1周平均で12分強のペースで完歩した。タオルの替えを持って
 きて正解だった。

 その後、トンボを撮るために本牧市民公園へ向かった。腕時計の気温表示は8時には35℃に
 達していた。現在は29℃?(合っているのか確信は無い)

 市民公園では大池やトンボ池を行ったり来たりしてポイントを確認し、前回は見られなかった
 何種類かも含めて撮ってきた。釣りをしていたオジサンたちが変な目で見ていた。何しろ、
 同じようなオジサンがトンボを追いかけているのだから・・

 次に本牧山頂公園を横断しマイカル口から本牧通りに出て、そのまま山手トンネルを通って
 関内まで戻ってきた。最後は大通り公園を経由して11:20帰宅。3.5万歩。
 今日は途中で2度コンビニでペットボトルを買った。持って出かけたのを含めて2本半消費。

0626早朝ウォーキング







 3:30起床、バナナ、サプリメント、4:00出発。昨夜は1回目の新人歓迎会。飲んで
 帰ってきた翌朝にしては早起きだった。今年は持ち回りの新人受け入れ担当のため、今週は
 何かと忙しくなりそうな予感がする。

 4:30根岸森林公園到着。アルコールを抜く為に2周して5時前には公園を後にした。
 帰る時に隣接する現軍施設の入口辺りを1枚。朝は5時に門が開かれる。
 2枚目の芝生の上の黒いポツポツは全部ムクドリ。この時間は特に沢山集まってくる。

 今朝は早めに会社に出るため、5:20帰宅。9千歩。

コシアキトンボ♀:羽化したばかり


 弘明寺商店街の近くの大岡川で見つけたこのトンボはコシアキトンボらしい。オスは腰の部分が
 白いが、メスは黄色い。また未成熟なオスも黄色らしい。

 見ている間は殆んど動かず、じっとしていたので羽化したばかりかも。と言うことで、今回は
 未成熟のオスとしておこう。(7/1訂正、コシアキトンボ♀)

 【分 類】 不均翅亜目トンボ科コシアキトンボ属
 【撮影地】 横浜市 弘明寺/大岡川
 【撮影日】 2007年6月24日

週末ウォーキング:里山で色々見てきました編
















 4:40起床、バナナ、サプリメント、5:20出発。地下鉄に乗り6:10舞岡公園到着。
 3時間ほど公園内をウォーキング。もちろんカメラを片手に。10時を過ぎると公園内の
 イベントに子ども達が集まってくるので、邪魔にならないようその前には引き上げる。

 最初に出逢ったのはゴイサギの幼鳥(通称ホシゴイ)。
 次がカワセミの幼鳥、三脚と長いレンズで狙っていた常連さんに教えて頂いた。今年生まれた
 うちの1羽だそうだ。親鳥は姿を見せなかった。もう、独り立ちしたのだろうか。

 次に鮮やかな青い紫陽花。
 それからカワセミのいた隣の池でこれまで姿を見せなかった大きなカエル。頭と胴体だけで
 20㎝はあった。ドスの効いた声で鳴いていた。

 舞岡公園を出て帰り道、体長40㎝くらいの細いヘビ君。小さめだが体の色は怖そうな雰囲気。
 アオダイショウの時のような接写は遠慮しておいた。
 最後にコサギを発見。距離はあったが黄色い足が印象的だった。

 11時帰宅。2.5万歩。時間の割には歩数は少なめ。

ゴイサギ:ホシゴイが木の枝に







 気温が上がらないうちにと、久しぶりに始発の地下鉄で舞岡へ向かった。野鳥目的と言うよりは
 里山をウォーキングすることが主目的。ところが、瓜久保の入口からすぐのところでゴイサギに
 遭遇した。それもホシゴイ、濃いグレーになっているので2年目かも。(6:15)

 そろそろ寝る時間だったのか、少したってから再度覗いてみたら既にどこかへ行っていた。
 赤い目と体の割には大きな足など、他のサギ類に比較するとどことなく個性的。夏のゴイサギは
 初めてだった。
 
 【分 類】 コウノトリ目サギ科
 【撮影地】 横浜市 舞岡公園/こども田んぼ
 【撮影日】 2007年6月24日

0623早朝ウォーキング




 3:40起床、バナナ、サプリメント、4:20出発。昨日、夏至だったので今日からまた昼間の
 時間が短くなっていく。とは言っても当分は早朝ウォーキングには絶好の季節だが。

 4:50根岸森林公園到着。梅雨らしい雨が降ったかと思ったらまたいい天気。でも朝から非常に
 蒸し暑い。今頃の天候らしくなってきた。

 歩き始めはいつものように体が重く、1周(1.32㎞)を13分くらいで歩き出したが、徐々に
 スピードアップし。5周目以降は平均11分で歩いた。トータル8周(10.6㎞)を95分。
 気持ちいい汗をかいてきた。用事があるため週末にしては早い帰宅。7:00。2万歩。

 写真は出かける前(4時頃)、自宅の窓から関内方面に向かって。雨雲の名残りと朝焼けと・・
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark3
TG-5 (+FD-1)
パナソニック
DC-TX2
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク