FC2ブログ

ウミアイサ

昨日の続きです。もう少しで繁殖羽(冬羽)への換羽が完了しそうなオスのウミアイサを見つけました。ただ、ずっと寝たままだったので取り敢えず証拠写真です。頭部はほぼグリーンになりかけていました。2枚目はメスの姉妹でしょうか、ずっと一緒でした。最後のおまけはウミアイサを観察していた時に頭上に現れたノスリとカラスの追いかけっこです。

20181215_ウミアイサ

20181215_ウミアイサ2

20181215_ノスリ
スポンサーサイト

ミミカイツブリ 今期初認

トウネン同様、前回は空振りだったミミさん(ミミカイツブリ)を見つけました。とある事情で、とにかく近かったのですが何とも撮り辛かったです。顔見知りの方の話では2羽確認されているらしいのですが、見つけたのは1羽だけでした。

20181215_ミミカイツブリ

20181215_ミミカイツブリ2

トウネン

前回(半月前)出かけた時には出逢えなかったトウネンに今朝は遭遇しました。約半日ほど岸壁沿いに散策しましたが、何度か確認し、そのたびに3羽で仲良く行動していました。3羽のうち1羽がやや腰高にも見えましたが、他に「ヨーロッパトウネン」の特徴は確認できませんでした。

20181215_トウネン

20181215_トウネン2

ムラサキツバメ

久しぶりに晴れた休日、風は強めだったが越冬中のムラサキツバメを探してみた。高い位置に数頭が固まっている場所は見つけたが、遠くてうまく撮れない。そのうちに何頭かが飛び出してきた。その中で比較的近くに来たものを撮ってみた。その3枚は全て別個体で、サービスが良かった個体たち。

20181214_ムラサキツバメ

20181214_ムラサキツバメ2

20181214_ムラサキツバメ3

ジョウビタキ ♂

今シーズン、ジョウビタキのメスは何度も観察していますが、オスをじっくり見たのは初めてでした。それにしてもこの個体は、頭部がシルバーのはずが茶色っぽくなっていました。老いたオスのようです。自分を見ているようで、自然と応援しちゃいました。
⇒12/15訂正:頭部が汚れて見えたのは若鳥のためだったようです。


20181209_ジョウビタキ

20181209_ジョウビタキ2
プロフィール

タケクンEX

Author:タケクンEX
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

日本野鳥の会 青い鳥会員
日本トンボ学会 会員

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark2
TG-5 (+FD-1)
Canon:
PowerShot SX620HS
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 20-100mm F4.0
ED 60mm F2.8 Macro
ED 30mm F3.5 Macro
ED 14-150mm F4.0-5.6II
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 361 PRO
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク