fc2ブログ

リスアカネ交尾体

一時期より個体数が増加したと感じるリスアカネですが、オス個体はあちこちで目撃するものの交尾体は探していても空振り続きでした。そんな中、この場所でやっとリスアカネ交尾体を撮ることができました。でも連結産卵はここでも未確認。そもそも薄暗い場所が好みなのか、産卵も暗そうな場所の筈なので見つけることが難しいのでしょうね。

和名:リスアカネ、学名:Sympetrum risi、トンボ目 トンボ科、35-47mm、6-11月
20220929_リスアカネ
スポンサーサイト



ノシメトンボ♂

この地区ではノシメトンボは殆ど見ることはないと聞いていたので、見つけた時にはビックリしました。全く別のポイントでしたが2日続けてノシメトンボに遭遇できました。

和名:ノシメトンボ、学名:Sympetrum infuscatum、トンボ目 トンボ科、40-50mm、6-11月
20220929_ノシメトンボ

ベニイトトンボ

まだ複数個体を確認できましたが、葦原の中で活動していて中々撮れる場所に出てきてくれません。2時間近く粘りましたが、撮れるチャンスは1回のみ。それも茂みの中でAFは効かず薄暗いこともありピントもあっていません。

和名:ベニイトトンボ、学名:Ceriagrion nipponicum、トンボ目 イトトンボ科、36-43mm、5-10月
20220929_ベニイトトンボ

ヒタキ2種

年間パスポートを持っている都内の野鳥公園でヒタキ2種に逢ってきました。

和名:ノビタキ、学名:Saxicola torquata、スズメ目 ヒタキ科、約13cm
20220929_ノビタキ

和名:エゾビタキ、学名:Muscicapa griseisticta、スズメ目 ヒタキ科、約15cm 翼開張約26cm
20220929_エゾビタキ

ノシメトンボ♀ MFでは初認?

見つけた瞬間はコノシメトンボやリスアカネの♀個体かと思いました。半逆光の中で撮ったのですが、種の確定のため胸部がはっきり見えるカットを撮りたくて苦労しました。決め手は前から2番目の黒条が上端まで達していることです。

和名:ノシメトンボ、学名:Sympetrum infuscatum、トンボ目 トンボ科、40-50mm、6-11月
20220928_ノシメトンボ♀
プロフィール

タケクンMark2

Author:タケクンMark2
冬季は鳥撮りがメイン
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM SYSTEM OM-1
TG-6 (+FD-1)
CANON:
PowerShot SX720HS
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 12-40mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 40-150mm F4.0
ED 100-400mm F5-6.3
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
Manfrotto:
FB雲台 MVH502AH
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
YFⅡ30-8
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク