FC2ブログ

アカエリカイツブリ 今期初認

岸壁沿いの散策でミミさんに逢えたらラッキーと思っていましたが、幸運にもアカエリさんも見つけることができました。ただ、非常に遠くて、エサ取りをして動いてくれたのでどうにか気付くことができました。
1時間後に再度確認すると、ほぼ辺りで寝ていましたが岸壁に近づくことはありませんでした。春になって赤い襟を見せて欲しいです。


20191130_アカエリカイツブリ

20191130_アカエリカイツブリ2

20191130_アカエリカイツブリ3
スポンサーサイト



ミミカイツブリ 今期初認

岸壁沿いの散策を始めて1時間ほどしてから2羽のミミカイツブリを見つけました。1羽目は比較的近くでしたが、2羽目は目視できるぎりぎりの距離でした。


20191130_ミミカイツブリ

20191130_ミミカイツブリ2

アビ 冬羽 今期初認

久しぶりに岸壁沿いを散策してきました。主目的はカイツブリ4種。最初の1時間はほとんど何も見つからない状態で早々に撤退しようかと思ったほどでした。ところが、ある場所で時間的にはほんの数秒見かけないものが水面に顔を出しました。直ぐに潜水しましたが、また水面に出るだろうと思っていたらそれっきりでした。写っていたのは5枚ほどでほぼ同じもの。
その後、当初の目的は達成できましたが1000枚ほど撮ったので整理がついてからアップ予定です。ミミもアカエリも居ましたよ。


20191130_アビ

ホソミオツネントンボ

雨上がりの公園を散策していると、常連となったホソミイトトンボ、オオアオイトトンボに続いて新顔を見つけました。最初は3年ほど前に遭遇したオツネントンボかと思いましたが、戻ってから確認するとホソミオツネントンボでした。個人的にはこの公園では初めて目にしました。この種もホソミイトトンボ同様に成体で越冬し、GW少し前に体の色が青くなります。
ちなみに、オツネントンボとホソミオツネントンボ(越冬時)は非常に似ていますが、2種の違いは翅を閉じて止まった時に前翅の縁紋と後翅の縁紋が、ホソミオツネントンボでは(縁紋が)重なり、オツネントンボでは( 縁紋が)前後にずれているので見分けができます。
写真は1枚目がオス、2枚目がメスです。3枚目は過去に撮った青くなった時のものです。


20191124_ホソミオツネントンボ

20191124_ホソミオツネントンボ2

20180608_ホソミオツネントンボ4

ホソミイトトンボ

前回アップしてから数日後に再会したホソミイトトンボです。このエリアにはこの個体しか居ないのでしょうか。とは言っても厳密に個体識別ができる訳でも無いのですが。晴れた日には日向ぼっっこをする姿をこれからも観察していきたいです。

20191117_ホソミイトトンボ
プロフィール

タケクンEX

Author:タケクンEX
休日は、冬季は鳥撮り
それ以外の季節は昆虫
を撮って楽しんでいます。

■カメラ■
オリンパス:
OM-D E-M1 Mark2
TG-5 (+FD-1)
■レンズ■
MZUIKO:
ED 300mm F4.0
ED 40-150mm F2.8
ED 60mm F2.8 Macro
ED 7-14mm F2.8
ED 14-150mm F4.0-5.6II
etc.
■アクセサリ■
M.ZUIKO:
Teleconverter MC-14
Teleconverter MC-20
SIRUI:
一脚 P-324
BASIC自由雲台 G-10X
SLIK:
三脚 LightC. E84 FA
一脚 C.Pod 373 PRO
自由雲台 SBH-120 BK N
一脚 C.Pod 361 PRO
■フラッシュ■
オリンパス:
FL-600R (+E-6191)
■双眼鏡■
KOWA:
GENESIS 833
GENESIS 822
RICOH:
PapilioII 6.5x21

シンプルアーカイブ
リンク